The main causes of loss of teeth are cavity and "periodontal disease"歯を失う主な原因は
虫歯と「歯周病」です

歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどなく、症状が出るころには抜歯せざるを得なくなっていることも珍しくはありません。歯周病は気が付かないうちに進行し、歯を失う原因となる恐ろしい病気です。
歯周病は治らない病気ではありません。しっかりと治療し予防をすることで、生涯にわたって健康な歯を保つことが出来ます。歯周病に関しては、ふじみ野の歯医者「すじの歯科クリニックふじみ野」へご相談ください。

Periodontal disease is one of the most highest number of patients歯周病は全世界で最も患者が
多い病気です

歯周病は、初期症状がほとんどないまま歯を支えている骨を壊していく病気です。放置すれば、支えを失った歯が自然に抜け落ちてしまうこともある恐ろしいものなのです。ギネスブックには歯周病について、次のような記載があります。
「全世界で最も患者の多い病気は歯周炎などの歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に侵されていない人間は数えるほどしかいない。」
事実、日本人が歯を失う原因で最も多いのが歯周病だということも分かっています。さらに近年では、歯周病菌は血液を介して全身へと運ばれ、糖尿病、心疾患、誤嚥性肺炎、早産など、全身に関する病気の原因やリスクになることも分かってきました。

人間は、口から栄養をとり生きています。命の入り口である口腔が病気に侵されていれば、全身的にも健康でいられるはずはありません。何歳になっても元気で健康的な生活が送れるよう、歯周病の治療と予防をしっかりと行う必要があるのです。

You can do it right now! Periodontal disease 30 seconds check今すぐできる!歯周病30秒チェック

歯の健康を保つためには、歯周病の早期発見が鍵です。30秒の簡単セルフチェックをしてみましょう。

  • 寝起き、お口の中が粘つき不快感がある
  • ブラッシングをすると出血することがある
  • 食べ物が歯の間に詰まることが多い
  • 口臭が気になる
  • 歯を咬み絞めると痛みを感じることがある
  • 歯ぐきから出血することがある
  • 歯ぐきが赤や紫色で腫れている
  • 歯ぐきが下がり、歯の根元のほうまで見えている
  • 歯ぐきに違和感がありムズムズする
  • 歯ぐきから膿が出ることがある
  • 指や舌で歯を前後に押すと歯がグラグラする

チェックはいくつありましたか?1つでもチェックがあった方は、歯周病の可能性があります。歯周病は痛みや腫れなどの症状が出た時には、かなり進行しているケースも少なくありません。チェック項目に心当たりがある方は、早めに歯科医院へ相談されることをおすすめします。

Symptoms of periodontal disease歯周病の症状

歯肉炎

歯周病の最初の症状は歯肉炎です。
歯と歯肉の境目にプラーク(歯垢)がたまり、歯肉に炎症が起こります。
ブラッシング時に出血しますが、痛みは感じません。
この段階では、歯を支える骨は破壊されていません。

軽度歯周炎

歯肉の腫れが大きくなり、歯を支える骨が破壊され始めます。そのため歯周ポケットが深くなり、内部にプラークや歯石が蓄積し、さらに炎症を悪化させていきます。ブラッシング時の出血や時々腫れを感じたり、歯と歯の間が空いてきたりします。この段階でも全く痛みを感じないことが多いです。

中等度歯周炎

炎症がさらに広がり、歯を支える骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊されています。この段階で少しぐらつき始める歯もあります。骨が減ることで、歯と歯の間の隙間が大きくなり、歯根が露出したり歯が移動することもあります。
また口臭も強く出るようになります。

重度歯周炎

歯を支える骨が、歯の根の長さの半分以上破壊され、歯はぐらぐらです。ひどい腫れや痛みを感じることも多くなります。また口臭もさらに強くなります。この段階になると、治療しても完治せず抜歯せざる得ないこともあります。

Treatment of periodontal disease歯周病の治療

歯周組織検査

他の病気と同じく、歯周病もまず様々な検査をして情報を集め、その情報に基づいて治療の計画が立てられます。
メモリのついた器具を使って、歯周ポケットの深さや出血の有無、歯石の有無、歯の詰め物の状態、プラークの付着状態などを調べます。必要に応じて写真を撮り、歯や歯肉の状態をカラー写真で記録します。

ブラッシング指導

お口の汚れ具合をチェックし、磨きづらい部分の磨き方や、歯間ブラシやデンタルフロスといった補助的なブラシの使用方法もお伝えします。

スケーリング

スケーラーやハンドスケーラーといった器具で、主に見えている部分のプラークや歯石を取り除きます。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリングで落とせなかった歯石や、歯周ポケットの内部のプラークや歯石を取り除きます。

フラップ手術

基本治療で治りきらない部分がある場合は、必要に応じて歯周外科手術を行い、治します。
歯肉を切って開き、歯周ポケットの深い部分にある歯石を取り除きます。

再生療法

失われた歯周組織を再建する治療法は、歯周組織再生療法といいます。通常、破壊された骨や歯根膜といった歯周組織は回復はしません。再生療法では、破壊された骨や歯根膜を回復させることを期待して行われる治療法です。
特殊な膜を応用したGTR法と、有効成分が含まれたゲル状の液体を使うエムドゲイン法、リグロス法があります。

"Completion after periodontal disease treatment is over" It is not「歯周病治療が終われば完了」
ではありません

「歯周病の治療が終わればもう安心」と思われる方が多いのですが、それは大きな間違いです。なぜなら、治療することで歯周病は治りますが、再発する可能性がとても大きい病気だからです。治療が終わったタイミングが「予防」の始まりです。適切な間隔で定期検診を受け、常に予防に取り組むことが大切です。

予防とは、ただ単に定期的に歯のクリーニングをすれば良い訳ではありません。すじの歯科クリニックふじみ野では、本当の予防をしっかりと行います。そのために、お一人おひとりの治療の経過や定期健診時の検査結果を、きちんと記録していくことが重要と考えています。記録をすることで、定期健診の際に変化を見逃さず、必要に応じて必要な処置を行うことが出来ます。
いつまでも健康な口腔を維持することは、生涯にわたって豊かな人生を送るのにとても大きな意味を持ちます。すじの歯科クリニックふじみ野は、「予防」を通じ、健康をサポートすることで「患者さんと一生のお付き合い」を目指しています。

pagetotop