Ortho矯正治療

歯並びが悪く笑えない、歯磨きがうまく行えないなど人それぞれ悩みがあると思います。また、人の第一印象は口元が大きく影響します。
矯正治療はそのようなコンプレックスを取り除くだけでなく、虫歯や歯周病などの予防に役立ちます。人それぞれ、成長の速さや歯・顎の大きさなど異なるため適切な治療時期、治療方法、治療期間が異なります。矯正治療に興味のある方、ご希望の方はご相談ください。

Pediatric Correction小児矯正

小児矯正

歯並びが乱れる原因の一つに歯が並ぶスペースの不足があげられます。子供の顎は成長があるため、それを利用し大人の歯の萌えるスペースを得ることができます。子供の頃に歯並びのガタつきを取り除くことで、歯磨きがしやすくなり、虫歯を防ぎ、大人の歯への影響が軽減されることがあります。また、出っ歯や受け口などの顎のバランスに問題がある場合も、顎の成長をコントロールするなど、経過を診ていく必要があります。

こどもの矯正治療の目的は、大人の歯が全てはえ揃ったとき、正しいかみ合わせを作ることです。家を建てるときに基礎工事が大切なのと同様、こどもの矯正治療は、いわば土台作りのようなものです。歯は、顎(あご)や歯槽骨(しそうこつ)という土台の上にはえてきますが、その顎(あご)や歯槽骨の大きさや位置に不正があると、正しいかみ合わせを確立できないことがあります。大人の歯がはえ揃ったとき、健康で美しいかみ合わせになるためには、土台をきちんと作っておく必要があります。

お子さんの矯正治療は、治療の開始時期が大切です

治療を開始する時期は、長期的な目線で、最適な時期に始めることが大切です。適切な開始時期とは、お子さんの顎(あご)や歯並びの状態、骨の成長などに加え、本人が歯並びをどのくらい気にしているか、なども加味して決めていきます。

矯正の専門医によるこどもの矯正治療は、「歯の生え変わり」を目安に第一期治療(乳歯列・混合歯列・永久歯列始め)、第二期治療(永久歯列)という二段階に分けて行います。

治療の開始時期はお子さんにより異なりますので、お子さんの歯並びで気になることやお気づきの点がありましたら、お早目にご相談ください。

小児歯科でよく使う矯正装置
  • 床矯正

Adult Correction成人矯正

成人矯正

矯正治療は大人でも可能です。

歯は、顔の一部です。歯並びは、口元とお顔全体の印象にも影響するため、悩みをお持ちの方は意外と多いものです。一昔前までは「矯正装置は目立つ、痛い・・」と言われてきたため、矯正治療をあきらめていた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最近は使用される装置も改良され、患者様の歯並びに対する意識も高まり、幅広く行われるようになりました。また矯正治療は、大人になってからでも、けっして遅くありません。少しでも気になることがありましたら、専門の矯正医にぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。

歯のガタつきを整えることは、見た目がきれいになるだけでなく、歯磨きを行いやすくなることで虫歯や歯周病、口臭予防にも有効となります。

またしっかり噛めるようになるため、下顎への負担軽減で顎関節症や頭痛、肩こりの改善につながることもあります。歯並びを治したいと思いなら、今が治療を始めるベストタイミングです。一緒に美しい歯並びを目指しましょう。

成人歯科でよく使う矯正装置
  • 表側矯正

  • 裏側矯正

Partial Correction限局矯正(部分矯正)

全ての歯に矯正装置を装着するのではなく、部分的に矯正装置を装着し、気になるところのみ部分的に治療する矯正治療です。よい被せ物をするため、失った歯の隙間を残りの歯で閉じたいなど様々な理由が対象となります。しかし、限局矯正では歯の動きに限度があるため、治療のゴールに制限があります。お気軽にご相談ください。

Mouthpiece Correctionマウスピース矯正

マウスピース矯正

矯正治療は歯に装置や針金を付けるため目立ってしまうデメリットがありますが、マウスピース矯正は見た目に配慮した矯正治療です。しかし、通常の矯正治療の方が確実に効果を得られ、また適応症例や治療のゴールに制限があります。お気軽にご相談ください。

Flow矯正治療の流れ

STEP 1

カウンセリング

STEP 2

精密検査

STEP 3

診断・治療計画の説明

STEP 4

治療開始

STEP 5

メンテナンス(保定)

pagetotop